メイド抜刀、石切丸抜刀などの演舞をSNS上披露し人気を博している古武術天心流兵法代範まーこ先生(滝沢洞風)の抜刀シーンをリリースしました。ご自身がモデルになり袈裟斬りからの横納刀や血振るいなどを行なっていただきました。

まーこ / 滝沢洞風|モデルプロフィール

古武術天心流兵法とは、

天心流兵法は剣術、抜刀術、槍術、十文字槍術、薙刀術、鎖鎌術、柔術を含む兵法です。(※1) 武家の生活様式の中で使える武藝でなければならないため、往時より稽古に於いても常に小刀を帯び、立っては大小を帯びる二本指しを常態とする稀な流儀です。  また初学として殿中刀法鞘の中と称する、置刀より鞘の中に争いを治る心得と勢法を教えております。 「寝て、起きて、坐して、立って、歩み、走る」、人(士)の身の兵法心得と豊富な技法を現代に遺す稀有な流儀です。 打刀のみならず、胡坐から佩刀した太刀を抜刀する勢法も存在します。
※1 長物(槍術、十文字槍術、薙刀術)は宝蔵院分流陰派槍術

天心流兵法とは | 古武術 天心流兵法

古武術天心流兵法代範まーこ先生の演舞ムービー


狩衣(かりぎぬ)を着用して抜刀素材

帯刀した侍抜刀素材


刀を振るう抜刀男士に関連する写真一覧