紫陽花(あじさい)に関連する写真

日本では古来から親しまれている梅雨の時期に開花する花のひとつ

人気のタグ

紫陽花(あじさい)は、アジサイ科アジサイ属の植物。日本では古来から親しまれている花のひとつ。開花時期は6月初旬から7月中旬で日本の梅雨の時期と重なっており、俳句では夏の季語とされています。洋の東西を問わず、歌や絵画などのモチーフとして使われることも多いです。見目麗しい姿をしている一方で、花や葉が毒性を持つとも言われており、経口摂取には厳重な注意が必要です。

日本全国に紫陽花の名所があり、各地でそれぞれの紫陽花を楽しむことができます。東京周辺では「明月院(神奈川県鎌倉市山ノ内)」、「飛鳥山公園(北区王子本町)」、「白山神社(文京区白山)」や箱根登山ケーブルカーの「あじさい電車」など。関西では「丹州觀音寺(京都府福知山市)」、「勝尾寺(大阪府箕面市)」、「長谷寺(奈良県桜井市)」などのスポットが挙げられます。

出典元
自然毒のリスクプロファイル:高等植物:アジサイ