花火は日本の伝統的な文化で、夏の風物詩としてお馴染みのものとなっています。

昔からさまざまな作品に登場する風流なものであり、現在でも老若男女問わずに愛されています。日本各地では、毎年夏休みの時期になると、大規模な花火大会が開催されます。夜空というキャンパスに、大輪を咲かす花火大会はまさに一流の芸術作品といえます。花火大会ではさまざまな種類の花火作品が鑑賞出来ます。「牡丹」や「柳」や「菊」など文字通り花を意匠にした種類がメジャーです。「千輪菊」とも呼ばれる多種多様な小型の輪が、色とりどりの夜空を飾る姿は圧巻の一言です。

もっとも一般的に浸透しているのは、手持ち花火です。家族や友達、そして恋人同士で、真夏の夜の思い出作りをしたことがある方も多いのではないでしょうか。文字通り手に持てる商品であり、先っぽに火をつける事で先端部が燃えて、美しく幻想的な火薬の輝きが満喫出来ます。ホームセンターやスーパー、コンビニなどで気軽に購入可能な手持ち花火なら、自宅の庭や公園だけでなく、キャンプやアウトドアシーンでも楽しめる花火となっています。