フードコーディネーターの美味しそうな料理

フードコーディネーターの美味しそうな料理 × フリー写真素材

料理研究家の和食・中華・洋食・スウィーツ・食材の写真素材をリリース 料理研究家やフードコーディネーター、フードライターなど食に関わるライフワークを育てるスクール、フードアーティスト学院とぱくたそがコラボレーションしました。美味しそうな料理写真素材として、和食・中華・洋食・スウィーツ・食材をメインにプロのクオリティ撮られた写真素材をリリース致します。

  Webサイト:フードアーティスト学院

フードアーティスト学院について

食を探究して、発信する、フードアーティストを養成するスクールです。 アーティストを農家で例えると土台となる土作りから、種植え、収穫、販路づくり、成長・発展にいたるまでの一貫を教えられるのが強みです。 21歳で料理未経験、所持金4万円の大学生から10ヶ月で料理本を出版し、経済産業省や中小企業庁、大手企業での講演や年間2000レシピ制作するFCF代表の五十嵐豪が監修しています。社員2名も料理研究家として育て活躍をプロデュースした経験から「R25誰でも料理研究家ゼミ」の授業を受け持ち、未経験の人でも自発性をもって活躍の場を広げられるコーチングを取り入れた授業をしています。

fcfabout.jpg

食の資格スクール業界を変えていきたい!

フードアーティスト学院が取り組みたいこと 食の資格スクール業界を変えて、アーティストが自ら活躍の場を創り広げられる世界にしたい。 知識やテクニックのように、マニュアルを教える教育がほとんどです。

tukurikondasykutaku.jpg

フードアーティスト学院では、教育にマニュアルを撤廃し、ワークと宿題の探究を通して自分で考え、自発性、創造性、応用力、キャリアプラン、パートナーシップを自ら掴んで活躍の場を広げられる人を育てます。 そこで講師のキャプテンを務めます五十嵐豪が フードコーディネータースクールへ通っても仕事がなく呆然と立ち尽くした経験、仕事を拡張して新卒未経験から正社員を雇用し本や雑誌に活躍するまでに至った経験など、培ったセンスとテクニックを掴む場をつくることにしました。ぜひ、フード-アーティスト学院で食の楽しさを共感しましょう。

関連する写真素材

さらに写真素材を見る >>