8月終了のお知らせ、すしぱくです。('A')ノ 線香花火の撮影中は蚊に吸われ放題でした。


さて、ぱくたそに「線香花火」の写真素材が少なかったので、アマゾンで探してみたところ

という中華製線香花火が600本2,000円(1本単価約3円)で売っていたので買ってみました。

何本火を着けても尽きることのない量だったのでいろいろ設定値を変えて撮影してみましたので参考にしてください。すべてフリー素材で配布しています。 ちなみに撮影で使ったレンズは、Canonの100mm マクロです。


シャッターを遅くしたり寄ってボケをつけたり花火撮影は面白い


意外と撮影の練習になのではないかと思う花火撮影。今回撮ったもののいくつかを設定値付きで紹介します。

夏の風物詩「線香花火」のフリー素材

普通の線香花火の感じ。写真素材サイトでもこのような構図が圧倒的ですね。数値は、1/100 F4.5 ISO6000 です。100mmで撮影しているので手前にくる火花がボケるので調整ですね。


線香花火の儚い火花のフリー素材


これは、F5.6 1/30 ISO4000 で撮影したものこのくらいのSSだと弾けた光跡がキレイですね。


スパークする線香花火のフリー素材



お次はマクロで寄りの撮影です。ちなみに全て手持ちで撮影しています。これは、F2.8 1/10 ISO1600 まぁピントがなかなか甘くなるのでほぼ連射ですね。


光が飛び散る(線香花火)のフリー素材



流れるような光跡ができた線香花火の様子です。先程のSSから更に遅くして撮影 F2.8 1/5 ISO1250


火花散る(せんこう花火)のフリー素材



F10くらいあげて撮影したのはこちら、F10 1/6 ISO6400 地脈みたいな弾ける様子が撮れました。

儚く短命な線香花火の終わりのフリー素材


儚い線香花火が終わる瞬間も撮れました。こちらも前の写真と設定値は同じです。

というわけで、一部をトリミングして爆発素材などにご利用くださいませ。('A')