乗鞍新登山道整備2017にぱくたそメンバーで参加してきたお話

乗鞍新登山道整備2017にぱくたそメンバーで参加してきたお話

こんにちは、Yuuです。ぱくたそでは開発担当なので、あまり撮影ロケ参加することはないのですが、今回はタイムキーパーや当日のディレクション要員として、2017年7月14日に開催した乗鞍登山道整備にぱくたそメンバーで参加してきました。

kawamuragori.jpg

参加メンバーは、カメラマンのすしぱくさん、モデル兼カメラマンのg.O.R.iさん、カメラマンでドローン撮影をするカズキヒロさん、カメラマンで登山といえばのYamashaさん、モデルの河村友歌さん、ヘアメイクの成谷さん、撮影アシスタントでYukillowさん、そして僕の8名で参加してきました。

※ 記事で使った写真は、上記カメラマンが撮影した写真を掲載しています。

ぱくたそと平湯温泉の関わり

ぱくたそでは、2017年1月29日に平湯温泉、上高地、飛騨高山の撮影ロケを行い、2月には茜さやさんをモデルに平湯温泉スキー場の撮影を自主企画として行っています。これらは平湯温泉観光協会さんご協力のもと、平湯の旅館や露天風呂、料理、山岳風景などを撮影し、フリー素材として配布しています。

hirayusupa_top.jpg

 平湯温泉-山岳温泉郷|ぱくたそフリー写真素材

また、g.O.R.iさんとぱくたそで、動画を撮影・配信も行っています。



今回は、平湯温泉から徒歩やバスでもいける乗鞍岳の新登山道整備を行うということで、「山を、登山を好きになって欲しい。」その想いに賛同し、CSRとして自分たちの得意分野で支援を申し出ました。

登山道整備って何をやるの?

「登山道整備やるんですよー」って最初聞いたとき、個人的には全然イメージつかず、よくよく話を聞いてみると、

1. 階段を作るための木材を加工し

kuisizai.jpg

kawamuraIMGL2501.jpg

2. ツルハシと

Tsuruhashi.jpg

3. ハンマーをもって、

tozandoIMGL2624.jpg

4. ザックに資材を入れて、

shizaiireru.jpg

5. 整備に向かいます

norikuratozando.jpg

杭となる資材には自分の名前を掘ることができます。

整備ルート

乗鞍岳はバスで平湯温泉下山口までいけるので、下山ルートで整備開始地点の権現社まで降ります。距離は5kmほどあり、そこから乗鞍新登山道登り口の4kmが整備対象地点になります。

detail_2674_1492084829.jpg

ぱくたそは何をやっていたのか?

ぱくたそチームは外で撮影したりすることはあっても山登りというアウトドアとは縁がなかったりします。そんな僕らが何をしていたのか?大量に写真撮影してきたのでご紹介します。

参加者の木材への彫刻を撮影する

namaewohoru.jpg

chokoku.jpg

chokoku2.jpg

chokoku3.jpg

chokoku4.jpg

chokoku5.jpg

ユニフォームを参加者に配布する。そして撮影する。

整備参加者全員に用意したfinetrackのドライレイヤースキンメッシュと、平湯温泉のロゴマークをプリントしたドラウトフォースジップネックを着て整備に参加してもらいます。

hirayuyuni.jpg

ファイントラック ドラウトフォースジップネックをAmazonでチェック

平湯温泉の旅館、栄太郎さんとやまと館さんが作ってくれたお弁当を配布する。そして撮影する。

PKTK_07-19_01.jpg

DSCF5192LSI.jpg

benntouuri.jpg

バスやJeepで平湯温泉下山口へ向かう

kouminkansyugou.jpg

DSCF5164LSI.jpg

jeepikuyo.jpg

DSCF5216LSI.jpg

jeepdash.jpg

mochihakobu.jpg

zacknikukuritukeru.jpg

DSCF5245LSI.jpg

tozandousyugou.jpg

各整備班の撮影や集合写真を撮影する

1班から6班まで判別に分かれて行動します。各班では地元平湯温泉の方がリーダーとして指揮を務めます。

gorisansatsuei.jpg

syugou158A4542.jpg

何枚も撮影しててちょっと時間がかかってしまったにも関わらず、頑張って旗やタオルを持ち上げてくれてさすがでした。

準備が終わったので整備地点へ移動開始

gezanguchiatumaru158A4561.jpg

列を作って下山する登山者のフリー素材

乗鞍新登山道を歩く登山者達のフリー素材

山の中を歩く登山者(乗鞍新登山道)のフリー素材

新緑の乗鞍新登山道を歩く登山者のフリー素材

乗鞍新登山道を歩く登山者の列のフリー素材

DSCF5298LSI.jpg

山で歩く際は、一番遅い人が先頭を歩くそうです。というのも歩くのが早い人が前だと、徒歩のペースが早くなり、後ろの人がきつくなってしまうからだそうだ。

ちなみにこの時点で僕達撮影グループは、止まりながらの撮影しすぎて登山整備班の最終班とかなり差が開いてしまってます。

登山道整備の様子

今回の主催であるYamashaさんが整備の様子をバッチリ撮影していましたのでご紹介

_DSC5635LSI.jpg

_DSC5639LSI.jpg

_DSC5649LSI.jpg

_DSC5663LSI.jpg

_DSC5659LSI.jpg

_DSC5685LSI.jpg

_DSC5704LSI.jpg

_DSC5705LSI.jpg

_DSC5712LSI.jpg

ドローンによる空撮

今回、登山道整備を空撮で撮影するため、事前に許可をいただき、一眼カメラなどの機材とは別に、ドローンを持参しています。あいにくの濃霧のため一時的に晴れた瞬間、機体が目視できる限界で操作しました。

gorisandrone.jpg

dronegori2.jpg

dronegori3.jpg

dronedji.jpg

硫黄岳に到着

険しい岩場を歩く(乗鞍新登山道)のフリー素材

乗鞍新登山道(硫黄岳付近)のフリー素材

岩場にマークされた登山道のフリー素材

傾斜のある登山道を歩くのフリー素材

硫黄岳まで、3kmほどの距離です。が、下山のためのバス乗車時間に間に合わなくなってしまうためタイムオーバー。

お昼ごはんのお弁当を食べて、きた道を戻ります。

乗鞍バスターミナルまで歩く

「平湯温泉下山口からちょっと歩くんですよー」という「ちょっと」という言葉を信じてバスターミナルへ向かいます。

silenthill.jpg

silenthill02.jpg

が、霧すごいし、歩いててもバス停見えないし、Google Mapsで現在地から目的地までなぜか距離が相当ありそうだし、g.O.R.iさんに「Yuuさんこっちの道で本当に合ってるの!?」と聞かれたくらいには不安になってました。

silenthill03.jpg

予定乗車時間10分前に到着

toucyakushitayo.jpg

ちなみにここのバスターミナルには、麓からバス一本で標高2700mまで来ることができ、ここから更に頂上まで300mくらいなので3000m級の山登りとしてはとてもアクセスしやすいですよね。

整備のあとは懇親会でBBQ

用意されていたBBQ材料が豪華すぎて、ひとまずすべて写真を貼ろうと思います。

DSCF5523LSI.jpg

tozangori158A5078.jpg

DSCF5311LSI.jpg

DSCF5378LSI.jpg

DSCF5411LSI.jpg

DSCF5448LSI.jpg

DSCF5464LSI.jpg

DSCF5473LSI.jpg

DSCF5488LSI.jpg

DSCF5501LSI.jpg

DSCF5356LSI.jpg

ame158A5064.jpg

ame0I9A8139.jpg

参加者の方へアウトドアメーカーや協賛企業からのプレゼント大会

司会はg.O.R.iさんで、じゃんけん大会を開催。買った人が豪華賞品をもらえます。じゃんけんは河村友歌さん担当。開催中、豪雨が降っても、誰一人屋根がある場所へ避難しないアウトドアな人たちのワイルドさがすごかった。

DSCF5536LSI.jpg

DSCF5553LSI.jpg

整備参加者へのインタビュー

ame0I9A8117.jpg

一般参加者33名を含む、メーカー・山岳関係者、地元の関係者を含む76名で整備を行いました。そこで、参加者の方やアウトドアメーカー各社にインタビューも行いました。

finetrack.jpg finetrack セールスプロモーション事業部 マーケティング課 大堀啓太氏

MAMMUTJP.jpg MAMMUT SPORTS GROUP JAPAN株式会社 代表取締役社長 堀松隆久氏

このインタビューは後日ぱくたそでアップしますので乞うご期待!

実際やってみてどうだったのか?

登山初心者が多いなか、撮影にあたって色々な方のアドバイスや配慮があり、特に大きなトラブルや事故もなく無事に終了できました。
フリー素材を撮影するということだけではなく、整備スタッフとして参加したことで、普段関わることが少ないアウトドアが大好きな人たちと交流できたのがとても楽しかったです。

改めて、参加された皆様やご協力いただいた地元の皆様、ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
この整備は地道に継続していくことこそが大事なんだなということを実感しました。

今回撮影にあたって、服装などの準備はしたものの登山しながらの撮影や機材の持ち運びなど課題点が多くあったため、次回開催に向けて、山岳写真を取るためにも霧ヶ峰登山→涸沢カール(紅葉)→乗鞍新登山道(権現社)→上高地を挑戦するというすしぱくさんの意気込みのもと、ぱくたその素材も増やしていこうと思います。

Yuu

ぱくたそのテクニカル・ディレクター。デザインからシステムやサーバ構築、ディレクションまでトータルでの対応が得意。DTPや動画配信のIT会社勤務後、フリーランスとして独立。翌年、株式会社を創業、取締役として売上や社員教育に貢献。現在はフリーランスとして活動中。