『ぱくたそコラム』立ち上げのご挨拶

『ぱくたそコラム』立ち上げのご挨拶

フリー写真素材サイト『ぱくたそ』をご覧のみなさま、いつもご利用・ご声援をいただき、誠にありがとうございます。当サイトでモデルをしております、朽木誠一郎です。

別途お知らせしたように、当サイトは本日、公開写真が10,000枚を突破いたしました。これもひとえにユーザーのみなさまのおかげです。モデルの1人として、あらためて御礼申し上げます。

さて、そんな記念すべき日に、ぱくたそからもう1つ、お知らせがあります。

この度、ぱくたそ上に新しく『ぱくたそコラム』として、メディアを立ち上げる運びとなりました。本業であるライター・編集者としての経験を活かし、編集長には私が就任させていただきます。

ウェブ上のコンテンツをもっと身近に、正しく使う

pakutasokuchiki_01.jpg

運営のすしぱくさん・Yuuさんと話し合い、ぱくたそコラムでは"ウェブ上のコンテンツをもっと身近に、正しく使う"をテーマに更新をしていくことにしました。

ぱくたそにとって一番のコンテンツである写真やそれを撮影するカメラについて、すしぱくさんが解説する記事、10,000枚以上の写真への300万PV以上のトラフィックをさばくエンジニアリングについて、Yuuさんが解説する記事などのお役立ち情報や、所属モデル・カメラマンへのインタビューを掲載してまいります。

また、現在、ウェブではコンテンツの盗用による著作権・肖像権違反が取り沙汰されています。

ぱくたそでは、カメラマンおよびモデルは著作者に関する全ての権利を利用規約の範囲で許諾するものとし、著作者人格権の行使要件についても一部紛争のみ協議の上解決するものとして、原則的には行使しないよう取り交わしております。そのため、ぱくたそのユーザーは利用規約の範囲において、無料・商用利用可・一部の利用以外はクレジット不要などの条件で、写真を自由に使用することができるのです。

このように、本来ウェブのコンテンツを利用するためには、法律や社会情勢などへの知識が必要です。それを無視してしまうと、最近のキュレーションメディアの問題のように、ウェブのコンテンツの信頼性を損ない、また、ウェブに新しいコンテンツが生まれることを妨げてしまうでしょう。

そこで、ぱくたそコラムでは、なかなか理解しにくいこのような話題についても、リーガルアドバイサーのフバタロウさんを交えるなどしながら、正しくコンテンツを使うための情報を提供してまいります。

目的は営利ではなく、ウェブに良質なコンテンツを増やすこと

kuchikicomment02.jpg

今後、運営の2人のインタビューも予定されており、そこで紹介する内容ではございますが、ぱくたそは営利ではなく、ウェブに良質なコンテンツを増やすことを目的に運営されています。ぱくたそコラムもまた、読者のみなさまがウェブ上のコンテンツをもっと身近に、正しく使うためにお役に立てることを目的に運営していきます。

最後に。私は以前の経験から、ここしばらく編集長と名乗るような機会を避け、いちライター・いち編集者として活動しておりました。ぱくたそでのモデル活動、およびぱくたそコラムは本業とは関わりのない個人活動ではございますが、再び編集長を名乗るにあたっては、知識や技術の不足した書き手や運営がいい加減なリライト記事を書き散らすことがないように、信頼できるメンバーと記事を制作していく所存です。

それでは、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。