平湯温泉から乗鞍岳へと至る乗鞍新登山道整備2017

平湯温泉から乗鞍岳へと至る乗鞍新登山道整備2017

北アルプスの登山拠点「平湯温泉-山岳温泉郷」とのコラボレーション!2017年7月14日(金)クラウドファンディングMakuakeにて、年に1度の乗鞍新登山道整備を開催します。『登山を愛するすべての人のために、私達ができること。』ぱくたそチームは撮影スタッフとして参加します。※ 終了しましたので報告を掲載致します。

「乗鞍新登山道」について

クラウドファンディング

乗鞍新登山道は知る人ぞ知る北アルプスが一望できる景観。コマクサが咲き乱れる美しい稜線を持つ登山道です。しかし、それら登山の楽しみと安全を守るには、登山道の整備が重要です。町内会の有志が少ない資金の中、人手もなければ資金を集めることが難しい...そこで立ち上げたのがクラウドファンディグによる登山道整備です。

乗鞍新登山道整備(プロジェクト支援) | Makuake

2016年に1回目の登山道整備を開催

平湯温泉観光協会が主体となり、「平湯温泉が乗鞍岳への整備を行なう」として、整備に必要な資金やスタッフをクラウドファンディングで集めました。プロジェクトは大きな反響を呼び、アウトドアメーカー、finetrack・MAMMUT・モチヅキ(MSR・プラティパス・サーマレスト)から、山岳保険のやまきふ共済会、山と渓谷社、山歩みち、地球丸(トランピン)のメディア、地元銀行の高山信用金庫などが協力。3ヶ月の募集期間の中、定員30人が1ヶ月で埋まり目標達成額を超えてサクセスしました。

登山のイベントでもお目にかかることが難しいほど豪華な協賛アウトドアメーカー。 純粋に登山者の安全を守るために様々な垣根を越え、チームとして1つにまとまる異例のイベントとして、今年(2017年)も多くのメーカーが協賛に加わっています。

なぜ登山道を整備するのか

平湯温泉から乗鞍岳へ至る「乗鞍新登山道」は、平湯温泉の人たちにとっては馴染みが深い登山道であり、北アルプスを一望できる観光スポットです。しかし、地理院のマップに掲載されておらず(2016年現在)交通の不便さもあって、一般の認知は高くはありません。

標高差のある登山道

2016年に登りの出口である乗鞍スカイライン2,600m地点に「平湯温泉下山口」というバス停が新設され、今まで利用しづらかった「乗鞍新登山道」が身近な登山になったのです。その流れから、新登山道整備をもっと利用しやすい環境に整備したいとプロジェクトがスタート、現在の流れに至ります。

以下が、第1回登山道整備の様子です。

  • 北アルプスの中央にある乗鞍新登山道
  • メーカー社員と地元と登山愛好家が共に行う登山道整備
  • 登山愛好家に酔って工作された乗鞍新登山道の階段

登山道整備2017-ぱくたそ班(スタッフ)のご報告

登山道整備全員集合 ぱくたそ班は、お弁当・杭の配布、下山口の記念撮影、登山道の様子(レポート)、そしてバーベキューの準備など、フリー素材の撮影だけではなく整備スタッフとして活動を行いました。登山初心者が多い中、特に大きなトラブルや事故もなく無事に終了できたのも皆さんのご協力のおかげです。本当にありがとうございました。

参加者の皆さんの記事や感想を掲載致します。


 乗鞍新登山道整備2017にぱくたそメンバーで参加してきたお話 | ぱくたそ公式ブログ
 「乗鞍新登山道整備2017」に参加!山の楽しさと大変さを経験 | gori.me(ゴリミー)
 アウトドアメーカーと登山愛好家のお祭り!乗鞍新登山道整備2017のご報告 | 登山と写真で仕事をしている人。
 乗鞍新登山道整備プロジェクト 2017 | 田村 幸士 official website
 「乗鞍新登山道整備2017」に参加して国立公園に名前を刻んできた! そして平湯温泉で満腹へ... - I AM A DOG



山の中を歩く登山者(乗鞍新登山道)のフリー素材



g.O.R.iさん登山道下山口より

関連する写真素材

さらに写真素材を見る >>

gori.me × PAKUTASO が理念に賛同

ぱくたそでは、2017年1月から平湯温泉観光協会さんと共同で、「平湯温泉-山岳温泉郷」の自主企画を立ち上げています。乗鞍新登山道整備では、山を、登山を好きになって欲しい。その想いに賛同し、CSRとして自分たちの得意分野で支援を申し出ました。

 登山道整備のフリー素材を公開

ぱくたそでは、多くの人に「乗鞍新登山道」を知ってもらうために、2016年に撮影した登山道整備の様子、そして2017年の様子をフリー素材で公開していきます。ぜひ、登山に興味がある方、自分も賛同したい方は、乗鞍新登山道整備|Makuakeからご支援ください。

平湯温泉へのアクセス方法

平湯温泉へ行く最も楽な行き方は、高速バスを利用する方法です。

※ 乗鞍新登山道整備の集合時間はAM7時を予定しています。 バス・電車をご利用予定の参加者の方は前日に平湯温泉に到着していないと間に合いませんのでご注意ください。

平湯温泉へのアクセス方法(バス・車・電車) | 平湯温泉-山岳温泉郷-ぱくたそ公式サイト

・バスタ新宿(東京)から高山直行バスが運行しています。乗車時間は約4時間35分、片道6,000円程の料金で行くことができます。また、深夜バス(22:45)も運行しているので、仕事終わりに向かう事も可能です。(但し平湯温泉駅周辺には到着時刻(3:45)にやっているお店はありませんのでご注意ください)

高山・平湯温泉~新宿線|高速バス | 濃飛バス公式サイト

・名古屋、大阪は、高山で乗り継ぎが必要になります。

高山~京都・大阪線 |高速バス | 濃飛バス公式サイト
高山~名古屋線 | 高速バス | 濃飛バス公式サイト
奥飛騨温泉郷~富山線|高速バス | 濃飛バス公式サイト

車や電車を利用する場合はこちらから確認ください。
平湯温泉へのアクセス方法(バス・車・電車) | 平湯温泉-山岳温泉郷-ぱくたそ公式サイト