社畜(しゃちく)に関連する写真|7ページ

会社に飼いなされて家畜のように働く社員の俗語

社畜という言葉は、「社員(あるいは会社)」と「家畜」という言葉を組み合わせた造語で、毎日のように終電で帰宅することを余儀なくされている社員、会社側に不満を述べたり労基署を含む公的機関やその他外部に漏らさずに従属している社員、それらを文字通り「会社に飼いならされて家畜のように働く会社員」を揶揄した俗語として使われています。

雇用する会社側が、労働基準法やその他の法令違反を犯している場合、労働者が一方的に不利な環境や過酷な労働で仕事をさせられ、顧客に対しても不誠実な対応を会社側が指示し、なんら反抗や抵抗および意見をいうことなく言われるがままに仕事をしている労働者のことを指します。尚、本人が、会社側からある法令違反の指示命令に対してなんら気付いていない(あるいは法令違反に該当せずとも、無視し続けている「ワーカーホリック」など)場合も「社畜」に含まれます。


出典元