歴史ある平湯温泉の中で現存する最古の建物。大正12年創業の湯宿の歴史に触れることができる、皇族も多く訪れた文化財。大正12年創業の老舗宿である平湯館。

その中の旧館は文化財指定されている現存する平湯温泉最古の建物だ。天皇陛下を始めとした皇族から日本の首相までが訪れたことがある歴史のある建物。

しかもこの平湯館の温泉は日帰り入浴もやっている。15:00~で1000円(タオル込)。 平湯館旧館

こちらは新館。旧館は新館の真反対の場所にあり、少しだけ傾斜のある道を登って1分くらいの場所にある。平湯館の館内からも行くことがでるが経路が複雑なため、従業員の方に尋ねるのが確実だ。

平湯館旧館の囲炉裏

中央に囲炉裏があり、火をくべれば使用することもできる。大正12年創業の温泉宿そのままの状態で綺麗なに管理されている。寂れた印象はなく清潔感がある。

大正12年創業の温泉宿

部屋に馴染んでいるが家具のどれもが貴重なもの。改修し手が入れられている物も多いが、梁や照明は当時のものが多く残っている。 囲炉裏のある平湯館旧館 現在の社会では殆ど使われなくなった囲炉裏が当たり前のようにそこにある。昔の日常は現在の非日常であることを実感する。秘境と呼ばれる奥飛騨温泉郷平湯温泉、その中でも最古の建物である平湯館は懐かしさを求める旅の目的地としても最適だ。 平湯館旧館の様子 戦国時代から湯治として有名な平湯温泉。その歴史に触れて当時の温泉旅館の姿を感じたい温泉好き人は一度平湯館の旧館を訪れてみるもよいかと思う。その知識欲を充分に満たしてくれるはずだ。 平湯館の露天風呂は、大自然に抱かれながらの秘境感を味わうことができる露天風呂だ。北アルプスの中央に位置し、山を求めてくる人が多い旅行客との相性は最高だ。

日帰り温泉をやっていることを知っている人は少なく、昼間にいけば大浴場や露天風呂を独り占めできる日もある。近年登山客への支援も行いMAMMUTコラボアイテムなども購入できることもあるので北アルプス登山帰りに平湯館に立ち寄り極上の露天風呂を満喫してみてはいかがだろうか。## 平湯館の詳細と宿泊について 平湯館の入口の様子 明治創業の老舗旅館。日帰り入浴で気軽に訪れた旅行客はその貫禄に尻込みをしてしまうかもしれないが、勇気をだしてフロントに入っていって欲しい。驚くほど気さくなスタッフが歓迎してくれる。 一日に1,440,000Lの源泉かけ流しの温泉を生み出す源泉を持つ温泉自慢の旅館であり、全国から多くの旅行者が平湯館の温泉を求めて平湯温泉に訪れています。
北アルプスの絶景を望む岩露天風呂と香り高い総檜の内湯。平湯館の温泉 平湯館のWebサイト 【住所】〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯726

宿泊を『楽天トラベル』でチェック

宿泊を『じゃらん』でチェック

山岳温泉豪平湯温泉の魅力

平湯温泉から登る北アルプスの名峰 平湯温泉から登る北アルプスの名峰 | 平湯温泉-山岳温泉郷

北アルプスの名峰の登山拠点地であり、登山愛好家を始め山岳の自然を求める人が訪れる秘境の温泉街。北アルプスの十字路と呼ばれる山岳温泉郷平湯温泉は、北アルプス登山拠点地として多くの登山者が訪れる。奥穂高岳・槍ヶ岳、上高地・涸沢カール・乗鞍岳の名峰の魅力をお伝えします。

平湯温泉-山岳温泉豪のトップページを表示 平湯温泉-山岳温泉郷トップページ

山々と湯に抱かれ癒され、大地の恵みである山菜や岩魚、飛騨牛に舌鼓をうつ。喧騒を忘れたゆっくりとした時間を楽しむことができる。散策で上高地や乗鞍岳。登山で飛騨山脈。山を愛する全ての人の心を満たす山岳温泉郷平湯温泉。