平湯温泉の冬は飛騨ふぐ。山と海の幸の贅を。栄太郎のふぐ料理

平湯温泉の冬は飛騨ふぐ。山と海の幸の贅を。栄太郎のふぐ料理

北アルプスの中央に位置する平湯温泉の冬の料理、それはとらふぐ。近年飛騨地方はふぐの養殖に成功し、現在は養殖が盛んに行われている。奥飛騨温泉郷の名物である山菜や飛騨牛とは別に、冬になるとふぐ料理を求めて平湯に訪れる人は多い。平湯の食の季節は冬。

飛騨ふぐの鉄刺(てっさ)

栄太郎冬の味覚である飛騨ふぐのテッサのフリー素材

皿が透き通るほどの薄さ。栄太郎の飛騨ふぐのテッサのフリー素材

「てっさ」とは刺し身のこと。歯ごたえのあるふぐは下の皿が透き通って見えるほど薄く切る。噛めばあっさりとした中にほんわかと甘みを感じる。ネギやもみじおろしといった、辛目の薬味と一緒に食べるとより飛騨ふぐの美味さが引き立つ。

飛騨ふぐのせいろ蒸し

飛騨ふぐのせいろ蒸しを香り高い栄太郎自家製のポン酢でのフリー素材

飛騨ふぐの身を贅沢に使ったせいろ蒸し。奥飛騨の大地の恵みである山の幸との贅沢な組み合わせだ。ほっくりと蒸しあがった飛騨ふぐと地元野菜をオリジナルのポン酢で食べると甘みと酸っぱさ、野菜のほろ苦さが溶け合い口の中が幸せになる。

飛騨ふぐの唐揚げ

身ホクホクで口の中でほぐれる飛騨ふぐの唐揚げのフリー素材

とらふぐの身は火を通すとふっくらした食感になり甘みも増す。実は唐揚げとの相性はとてもよい魚だ。表面はカリッと揚がり香ばしい香りがしながら、身は噛み切る必要がないほど口の中でほぐる。

飛騨ふぐ釜飯

上品な出汁と飛騨ふぐの淡白な甘みが絶妙な栄太郎の釜飯のフリー素材

栄太郎自慢の山菜釜飯がふぐ釜飯にアレンジされる。上品な和風出汁で炊き上げることで飛騨ふぐの甘みをより引き立たせた繊細で香り高い逸品となる。

飛騨ふぐのひれ酒

日本酒の肴に最高な飛騨ふぐのヒレのフリー素材

飛騨ふぐのヒレを長時間かけて焼き上げ、酒の肴として完成する。甘みと香ばしさのあるヒレは飛騨の地酒との相性は抜群。

飛騨のふぐのコリコリの皮とピリ辛のもみじおろしのフリー素材

知る人ぞ知る珍味であるふぐの皮。コリコリとした食感であり、鉄板の組み合わせであるもみじおろしとネギ・ポン酢を混ぜて食べる。

平湯温泉の冬は飛騨ふぐの季節。岐阜の山奥で海の幸と山の幸の饗宴だ。平湯温泉の多くの旅館で食べるこができるが、どのような料理なのかは宿次第。自分好みの調理をしてくれる旅館を探して飛騨牛と飛騨ふぐを楽しむのも、ここでしかできない贅沢な過ごし方。

栄太郎の宿情報について

日本一の登山者に愛されている宿、山の喜びお宿栄太郎(以下栄太郎)。美味いものをお腹いっぱい食べたいなら最有力候補に上がる平湯温泉の唯一の料理宿。

栄太郎 夕食(飛騨牛)

美味いものを腹いっぱい食べて欲しい
A5ランク飛騨牛ステーキ、馬刺し、豚と鶏のせいろ蒸し...。旬の野菜の天ぷらに地元の岩魚の塩焼き。できたてをお客様に出す作法に料理宿のこだわりを感じる。そしてその料理の1つとして手抜きがない。多くの旅館に宿泊した経験のある人ほどこの凄さが分かると思う。

館主坂巻光弘氏は、元は流れ板であり登山愛好家。そして平湯に流れ着いたときに北アルプスの山々に惹かれて老舗旅館の料理長となるまで研鑽を重ねた。その後「自分と同じく山を愛して人に、美味しいものをたくさんたべさせてあげたい」その信念から「山のよろこびお宿栄太郎」を平湯温泉に開業した。

宿のWebサイトはこちら 【住所】〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯649 

宿泊を『楽天トラベル』でチェック

宿泊を『じゃらん』でチェック

山岳温泉豪平湯温泉の魅力

平湯温泉から登る北アルプスの名峰 平湯温泉から登る北アルプスの名峰 | 平湯温泉-山岳温泉郷

北アルプスの名峰の登山拠点地であり、登山愛好家を始め山岳の自然を求める人が訪れる秘境の温泉街。北アルプスの十字路と呼ばれる山岳温泉郷平湯温泉は、北アルプス登山拠点地として多くの登山者が訪れる。奥穂高岳・槍ヶ岳、上高地・涸沢カール・乗鞍岳の名峰の魅力をお伝えします。

平湯温泉-山岳温泉豪のトップページを表示 平湯温泉-山岳温泉郷トップページ

山々と湯に抱かれ癒され、大地の恵みである山菜や岩魚、飛騨牛に舌鼓をうつ。喧騒を忘れたゆっくりとした時間を楽しむことができる。散策で上高地や乗鞍岳。登山で飛騨山脈。山を愛する全ての人の心を満たす山岳温泉郷平湯温泉。

関連するフリー写真素材

「平湯温泉」のフリー写真素材一覧