運営管理人すしぱくです。('A')ノ

ぱくたそでは、誰でも自由に利用できるフリー素材を配布しています。公開している写真は撮って出しもありますが、基本的にはレタッチを行いできるだけ雰囲気に合わせた仕上がりに加工しています。

そのレタッチの際に各カメラマンが使っている Photoshop / Lightroom / Brigde のプリセットを配布するサイトを作りました。

2019-11-02_16h47_02.jpg

Photoshop / Lightroom 用 Camera Raw プリセットの「ぱくたそプリセット」

その名も「PAKUTASO PRESET」です。

PSはPhotoshopの略名とか、PAKUTASOの文字列から抜粋とか、色々と考えはありますが気にしないでください。読み方は「ピーエスプリセット」となります。

どのようなサイトなのか

ぱくたそでは、日々多くの写真を追加し続けています。ポートレート、ネイチャー、ブツ撮り、動物、など、様々なシチュエーションがあり、その枚数に応じて写真のレタッチが行われます。

例えば、青空に合わせたレタッチ、新緑に合わせたレタッチ、ホラー風のレタッチなど、一定のシーンはプリセットを使うことで作業の簡略化ができます。それぞれのシーンを追加する度にプリセットが溜まっていくので、それらを使える人に配布してみたいと考えて作ったのが「PSPREST」です。

2019-11-02_17h02_04.jpg
※ 青空を加工できるプリセットです。

また、サイトについてにも書いているとおり、Adobe Photoshop や Lightroom を持っているのに、写真加工やRAW現像は難しいという理由で、明るさを調整する程度しか使えていない人各パネルの設定値を適当に使っているカメラマン

初心者~何となく使ってきた人が、 プリセットを使って「なるほど楽しい」「簡単で便利」と感じられるよう、配布だけではなく各ソフト毎の設定方法も紹介しています。

各設定や導入方法も画像比較で説明

プリセットを導入してボタンをポチッと押せば加工できるのは簡単ですが、プリセットを使えばプロ並みのクオリティが担保されるわけではありません。プリセットを使い時短した上で微調整を行ったり、場合によってはフルスクラッチで調整を行う必要もあります。

ふまえて、「PSPREST」では、プリセットを配布するだけではなく、Camera Raw の設定画面の各パネルの説明を行っています。どこをどう動かせば、どのように画像加工できるのか読めばわかるようになっています。

例えば、明るさと階調の説明ページでは、黒レベル・シャドウ・露光量・ハイライト・白レベルと言われて、どの部分に該当するのか理解しづらい部分も

hist01.jpg

ヒストグラム(明るさと階調)の設定について|Photoshop & Lightroom ぱくたそプリセット

画像つきで解説しています。意外と知らなかった機能もあると思いますので、ぜひ参考にしてください。

他にもカメラマンの方も理解していないことが多い、プロファイルの周辺光量補正と切り抜き後の周辺光量補正の説明も

2019-06-09_23h23_22.jpg

切り抜き後の周辺光量補正の設定について|Photoshop & Lightroom ぱくたそプリセット

数値を入れて写真にベストな解説を入れてます。

このようにプリセットを配布するプラットフォームという立場として、「このサイトを見ればプリセットも手に入れられて各項目も理解できる」と思ってくれる人が一人でも増えたら嬉しいかぎりです。

余談ですが、シャープクリッピング警告の項目もぜひ参考にしてください。


プリセットの配布はAdobe社から許可を得た上で公開

PSPREST」で配布しているプリセットファイルは、Camera Raw (フィルター)で使える .xmp 形式のプリセットファイルとなっています。詳しい推奨環境などは、Camera Raw プリセットの推奨環境と画像加工についてを確認してください。

これらのプリセットファイルの配布に伴い、事前にAdobe社から正式に許可を得てファイルの配布および販売を行っています。尚、Adobe社から許可を得ていますが、動作を保証するものではありませんので、フリー版などをダウンロードして導入可能か確認してください。

※ 許可をいただくまでご相談にのっていただいた方々お礼申し上げます。お知恵を貸していただきありがとうございました。

(Adobeおよび、Photoshop、Lightroom、Brigdeは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の登録商標または商標です。 )


配布中のプリセットを紹介

配布しているプリセットは、無料版(FREE)と有料版(PRO)を用意し、有料版は1つ500円均一で販売しています。プリセットを色々な人に覚えて、使ってもらいたいと考えこの価格帯で提供しています。

2019年11月現在、配布中のプリセットは全部で8種類。カメラマンのカズキヒロさんと、すしぱくが制作したプリセットを配布しています。

いくつか紹介すると、

nightpreset.jpg

サイバーパンクプリセット(有料版)夜景加工向け|Photoshop & Lightroom ぱくたそプリセット

カズキヒロさん作の夜の街明かりをサイバーパンクなテイストに加工できるプリセットです。各プリセットページに掲載されている写真は、すべてフリー素材で配布しているものになります。

渋谷駅前の車のフリー素材

ぱくたそのフリー素材で拡大画像をダウンロードすることもできるように連携しています。特徴的で面白いプリセットなのでぜひお試しください。

次は一部無料版で公開している ゴリミープリセット

gorimepresetfree.jpg

ゴリミープリセット(無料版)iPhoneやガジェット製品向け|Photoshop & Lightroom ぱくたそプリセット

ぱくたそでもコラボしているApple系ニュース配信メディア「ゴリミー」さんと作成したプリセットです。

水滴まみれのiPhoneのフリー素材

詳しいプリセットの説明は後日紹介しますが、ガジェット系に特化してディテールの調整を行っています。これまで撮って出しでブログを書いてきたモノ・ガジェット系ブロガーさんは騙されたと思って使ってみてください。

他にも、ホラー素材の加工に特化したプリセット

ホラープリセット(有料版)恐怖や不気味系の加工向け

ぱくたそでよく使っているシーンに合わせたプリセット

ぱくたそSTプリセット(有料版)様々なシーンの加工向け

レトロ調のノスタルジックなプリセット

ノスタルジープリセット(有料版)ノスタルジックな雰囲気に

もオススメです。
今後は、ネイチャー系カメラマンの方や他所で活躍するカメラマンさんから、プリセットの提供を受けております。公開までお楽しみに。


プリセットの提供について

PSPREST」では、プリセットの提供を受け付けています。

プリセットで使った写真をぱくたそに提供していただくことが条件となりますが、基本的にどなただでもご提供が可能です。もしご興味ある方は、下記のページからお申し込みください。

プリセットを提供する|Photoshop & Lightroom ぱくたそプリセット

おわりに

ぱくたそを運営して8年目、これまで企画コラボなどを行い企業や自治体と連携してきましたが、ぱくたそ公式の横展開サービスは今回が初です。

サイトを運営・継続する上で枯渇しないコンテンツを目指した上で、もっとも作業量の多い写真加工にフォーカスし、協力してくださった人たちに還元できる方法を考えた末、このようなサイトが出来上がりました。

プリセットの売上収益については、カメラマンさんへの還元を目的に、一部をぱくたその運営費にしています。どうぞ今後とも、「ぱくたそ」ならびに「PSPREST」をよろしくお願い致します。

Photoshop / Lightroom 用 Camera Raw プリセットのぱくたそプリセット

ぱくたそ大喜利
ぱくたそ大喜利

ぱくたその写真をみんなでタイトル付けできるサービスです。お題の写真を見て思い浮かんだタイトルを気軽に投稿してください。採用した方にはもれなくフリー素材のタイトルで掲載します。

ぱくたそ大喜利を見る >

ぱくたそプリセット
ぱくたそプリセット

写真加工を手軽に美しく!PhotoshopやLigthroom用のCamera Raw(XMP形式)プリセット配布サービスです。写真をダウンロードした後のひと手間加工で違いを実感してください。

ぱくたそプリセットを見る >

ぱくたそのプッシュ通知を受け取る
新着情報をプッシュ通知で受け取る

ぱくたその新着情報やお知らせ、おすすめの写真をプッシュ通知でお知らせします!自動投稿ではなく手動で行っているのでスパムのような通知は届きませんのでご安心を!

プッシュ通知を受け取る