個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?の写真素材

「個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?」の写真
2000 x 1000
トリミングした画像を使用する際は、ご利用規約を確認してください。

「個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?」

個人事業主の場合、2年前の売上高が、1000万円を超えると消費税の課税事業者となります。

しかし消費税の課税対象事業者でなくても、お客様に消費税を請求していただいて問題ありません。

「えっ?申告しないのに請求してもいいの?消費税分まる儲けになるの?」と思われるかもしれません。しかし実際には、例えば商品販売業であれば、商品の仕入代として、仕入先に消費税を支払うことになります。また、仕入代金以外にも、事務用品の購入、交通費の支払いなど、多くの経費の支払い時に消費税を支払うことになります。消費税を申告する場合には、お客様から預かった消費税と仕入れ先などに支払った消費税の差額を納税することになるのですが、免税事業者は、この差額の納税部分が免除されるわけです。

ID番号

13044

公開日

カラー

画像サイズ

  • 5359 px × 3573 px

撮影協力・監修

freee

知って得する、使って学べる。会計あるある

確定申告・マイナンバー制度の質問を解決!「知って得する、使って学べる。会計あるある写真素材」をリリー...

無料ダウンロード

各サイズの写真素材を無料でダウンロードできます。

※ ダウンロードした時点で規約に同意となります。

\ ダウンロードしたらSNSで紹介してね! /

ぱくたそオリジナルのフリー素材

「個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?」の写真は、ぱくたそに所属しているカメラマンが撮影したオリジナル(一次配布元)のフリー素材です。

ご利用規約の範囲で個人・商用利用問わず安心してご利用いただけます。TV番組、動画配信(YouTubeなど)、冊子・チラシ、年賀状、ブログ・ニュースのアイキャッチ、漫画、壁紙、イラスト・模写(トレース)、コラージュなどに利用可能です。会員登録は不要、有料販売やダウンロードの枚数制限もありません。

 写真を気に入ってくれたら 支援 もお願いします!

「ぱくたそブログ」では、新しい企画や役立つ写真関連の情報を発信しています。

 掲載企業を募集しています
ぱくたそ公式サービス
ぱくたそ大喜利
ぱくたそ大喜利

ぱくたその写真をみんなでタイトル付けできるサービスです。お題の写真を見て思い浮かんだタイトルを気軽に投稿してください。採用した方にはもれなくフリー素材のタイトルで掲載します。

ぱくたそ大喜利を見る >

ぱくたそプリセット
ぱくたそプリセット

写真加工を手軽に美しく!PhotoshopやLigthroom用のCamera Raw(XMP形式)プリセット配布サービスです。写真をダウンロードした後のひと手間加工で違いを実感してください。

ぱくたそプリセットを見る >

ぱくたそショップでグッズを購入
ぱくたそ公式グッズ

Tシャツやパーカー、ステッカーなど、ぱくたそのオフィシャルグッズをBOOTHにて販売しています。売上の一部は運営費として撮影や企画時の小道具代に利用します。

ぱくたそショップでグッズを購入 >