個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?のフリー画像(写真)

「個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか? | 写真の無料素材・フリー素材 - ぱくたそ」の写真
2000 x 1000
トリミングした画像を使用する際は、ご利用規約を確認してください。

この写真の画像は無料で使えるぱくたそオリジナルのフリー素材です。 「消費税」「freee」の関連写真もチェック

詳細について

ID番号
13044
公開日
カラー
カメラマン
すしぱく
タイトルとURL

「ぱくたそが気に入ったら公式グッズの購入や支援をしてくれたら嬉しいです。写真の利用報告やSNSの拡散も大歓迎!」

「個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?」

個人事業主の場合、2年前の売上高が、1000万円を超えると消費税の課税事業者となります。

しかし消費税の課税対象事業者でなくても、お客様に消費税を請求していただいて問題ありません。

「えっ?申告しないのに請求してもいいの?消費税分まる儲けになるの?」と思われるかもしれません。しかし実際には、例えば商品販売業であれば、商品の仕入代として、仕入先に消費税を支払うことになります。また、仕入代金以外にも、事務用品の購入、交通費の支払いなど、多くの経費の支払い時に消費税を支払うことになります。消費税を申告する場合には、お客様から預かった消費税と仕入れ先などに支払った消費税の差額を納税することになるのですが、免税事業者は、この差額の納税部分が免除されるわけです。

  • コラボレーション

知って得する、使って学べる。会計あるあるフリー素材

撮影協力・監修:freee

クラウド会計ソフトシェアNo1「freee」とは、 忙しい日々の業務、経理などの本業と関係無い仕事にかける時間は、極力減らしたいですよね。ク...

確定申告・マイナンバーの関連写真を見る 

各種サイズの画像を回数制限なくダウンロードできます。使用する際は、事前にご利用規約を確認してください。各種サイズのボタンを押した段階で規約に同意したことになります。

 フルサイズ(高解像度)の画像サイズ:5359 px × 3573 px