ぱくたその運営すしぱくです。('A')ノ

どんなTシャツを着ても胸ポチしてしまう鋼鉄の乳首を持つゴリミー の管理人g.O.R.iさんと一緒に、オリジナルTシャツを作成する「Tshirt.st」さんの工場にお邪魔してきました。

インクジェットで作成したTシャツは色あせが早いことから、シルクスクリーン印刷を行い高品質のTシャツを作ろうという企画で、その工程ラインをいつものごりぱく動画で紹介しています。



ちなみに今回からオープニングを刷新しているので必見です。

シルクスクリーン印刷は各色のインキを職人が着色して、スキージというヘラ状の板で一枚一枚手作業で塗っていきます。これが職人技で見事です。

シルク版のインキを黒いTシャツに着色してい様子のフリー素材

今回は、ごりぱく動画の他に実際に工場でTシャツを作成しているシーンをフリー素材で公開してもよいとリリースをいただいたので、職人が着色している様子やシルク版を長台に設定している工程などをアップしています。

塗っては乾燥させる作業を繰り返すシルク印刷の様子のフリー素材



シルクスクリーン印刷の台に置かれた白黒のティーシャツのフリー素材

シルク印刷のプリント位置を合わせる職人のフリー素材


これらの写真はすべて無料でダウンロードいただけます。

夏の暑い季節はまだまだ続きますので、Tシャツ好きの方はぜひこの機会に高品質のシルク印刷でできた物と比べてみてはいかがでしょうか。更に詳しい工程の詳細については、ゴリミーさんの記事を参照ください。みんなが意外と知らない、プリントTシャツの裏側【PR】 | ゴリミー